TOP
予防接種について

予防接種の計画を立てましょう

予防接種の相談・計画を行っていますのでお気軽にお申し出ください。

ワクチン名 標準接種時期 備考
ヒブワクチン 生後2ヵ月~4歳まで 生後2ヵ月~4歳までの方で広島市の住民票をお持ちの方は公費対象
※接種回数は、はじめて接種する月齢によって異なります
小児用肺炎球菌ワクチン 生後2ヵ月~4歳まで 生後2ヵ月~4歳までの方で広島市の住民票をお持ちの方は公費対象
※接種回数は、はじめて接種する月齢によって異なります
ロタリックス 生後6週~24週 2回接種
B型肝炎ワクチン 母親がキャリアでない場合は、任意接種で生後すぐから接種可能です。 計3回 接種間隔は4週間
4種混合
Ⅰ期初回(1回目、2回目、3回目)、Ⅰ期追加
初回1回目を生後3~12ヶ月
2回目は3~8週間後
3回目は3~8週間後
追加はⅠ期初回(3回)を接種後12~18か月種
BCG 生後5ヶ月~8ヶ月 生後1歳になるまで
MR(麻疹、風疹)
(Ⅰ期、Ⅱ期)
Ⅰ期は12ヶ月~24ヶ月
Ⅱ期は小学校入学前の1年間
小学校入学前1年間とは、小学校に入学する前年の4月1日から小学校に入学する年の3月31日までの期間です
みずぼうそう 生後12〜36ヶ月まで
1回目接種終了後3ヶ月以上間隔を空ける
1〜3歳未満は公費対象
3歳以上は自費で接種する事をおすすめします。
※1回目の接種後約3か月たったら2回目を受けるのがしっかりと免疫をつけるために必要です。
おたふくかぜ
(任意接種)
1歳から 1回目の数年後に2回目を受けるのがしっかりと免疫をつけるために必要です。
接種代金5,300円
日本脳炎
Ⅰ期初回(1回目、2回目)、Ⅰ期追加、Ⅱ期
Ⅰ期初回 3~4才(1~4週間間隔で2回接種)
Ⅰ期追加はⅠ期初回終了後1年後
Ⅱ期は9~10才
平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、20歳未満の間、いつでも日本脳炎の定期予防接種を受けることができることになりました(平成23年5月20日から)
日本脳炎の予防接種の規定の回数を終了していない方は接種を受けましょう。
2種混合 11~12才
インフルエンザ
(任意接種)
希望者(毎年10~12月ごろ)

関連リンク